FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクでの妊娠・出産 その⑦検診・出産費用

こんにちわ、嫁です

バンコクでの妊娠・出産シリーズ最終回は、
やっぱり気になる検診費用・出産費用についてです。
我が家が実際にかかった検診費用を表にまとめました。
↓をご覧ください。

検診費用

出産費用は下記パッケージを利用。
(私は無痛分娩)

☆PLATINUMパッケージ
 自然分娩・水中出産 3泊(72時間)55000B
 無痛分娩(硬膜外麻酔)3泊(72時間)68000B
 帝王切開       4泊(96時間)78000B

黄疸が出た為、一泊延泊になりましたが
出産費用は 88851Bでした。

検診費用と合わせて、総額 123994Bでした。

日本の健康保険に入っており
出産一時金がおりた為、若干黒字でした。
ちなみにタイの社会保険に加入している場合も
一時金・毎月の児童手当的なものが支給されます。
(大きな額ではないですが。。。)
気になる方は会社のご担当者様に確認してみるのが良いかと思います。

バンコクでの妊娠・出産はとても快適でした。
次があるなら(?!)またバンコクで出産したいです(^^)

それでわ~



バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その④紙オムツ・粉ミルクはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その⑤出産!!はこちら!
スポンサーサイト

バンコクでの妊娠・出産 その⑥入院生活

こんにちわ、嫁です

長らく放置させてしまった出産シリーズの続きです。
今回は入院生活についてです。
ひどい貧血・後陣痛等であまり記憶がないのですが。。。

出産後は母子同室・別室を選べます。
私達は手伝い等なく、
主人と二人で産後も過ごすことになっていたので
母子別室を選びました。
主人が仕事を休みにしてくれて
入院中はずっと病院に一緒に泊まり込んでくれたのが心強かったです。

IMGP7949.jpg
ナーサリールーム。
インド人・タイ人の男の子に囲まれ紅一点でした。

授乳の時間になると看護師さんが赤ちゃんを連れてやってきます。
本当は部屋についている電話で「今から行きますよ~」と連絡があるらしいのですが
私の部屋の電話は壊れていました。
授乳は大体2~3時間おきだったでしょうか。
看護師さんが「こう飲ませるのよ」と教えてくれます。
ちなみに病院で買うと何百バーツもする授乳クッション、
ロータスで200バーツほどで売っています。

IMGP7968.jpg
授乳室にて。
サンダルに履き替え、バスローブのようなものを羽織ります。
赤ちゃんはつねに巻き巻きされています(^^)


やはり日本人が一番多く通う病院だけあって
看護師さんは片言の日本語を話す人が多くいました。
沐浴の際の説明は8~9割日本語、残り英語・タイ語という感じでした。

IMGP7878.jpg
手際よく洗ってくれます。


悪露ナプキンは病院でT字帯を用意してくれるのでそれを使用します。
会陰切開をした際は、看護師さんが傷の具合をチェックしにくるのと
一日一回患部にライトを当てるので産褥ショーツがあったほうが便利だと思います。

食事はタイ料理・和風・洋風の3種類から選べます。
以前に膀胱炎で入院した際の和食があまり美味しくなかったので
私はずっと洋風をお願いしました。
毎回、しょうが茶がついてきていてあまり得意ではない為残していましたが
しょうがは母乳を出しやすくするそうです。

退院の際の赤ちゃんの洋服は
他病院では貰えるようですがサミティべでは自分で用意します。
IMGP8010.jpg
にこは最後も可愛く、みの虫スタイルで退院しました(^^)
看護師さんが上手に巻き巻きしてくれます。(自分で巻くのはなかなか難しいです)
退院のときに貰ったものは、
・使っていた残り紙おむつ
・紙おむつサンプル
・母乳パッドとかベビーローションのサンプル
・アルバム
等々。。。です。サンプル系が多かったです。

黄疸がでた為、一泊延泊しましたが
3泊4日無痛分娩でお会計は8万バーツちょいでした。

次回は検診から出産までにかかった費用をお伝えします(^^)


バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その④紙オムツ・粉ミルクはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その⑤出産!!はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その⑤出産!!

こんにちわ、嫁です

我が家の“にこ”もついに12月10日で一歳のお誕生日を迎えます♪
一歳の誕生日ってなんだかすごく特別な誕生日のような気がします。
本当にあーっという間の一年でした!

さて、今回はそんな一年前の出産日のことを書きますね。

妊娠39週ちょうどの日。昼間に39週の検診をすませ「まだ産まれまちぇん♪」とヤワラッチョ先生に言われたので
いつ産まれるのかな~なんてその日を過ごしていたら
日付が変わる時刻の頃、なんだかお腹が痛い。。。
トイレに行くとおしるしが。おしるし=その日に産まれるとは思っていなかったので
前駆陣痛かな?と思って1~2時間過ごしてみたけれどやっぱり痛くてなんだか10分おきぐらいに痛みがきてるような気がする。。。
隣で寝ていた主人を起こして病院に向かうことに。


※くまちゃん顔で失礼します。
IMGP7771.jpg
病院に着くと車椅子に乗せられバースユニットへ。


7772.jpg
いざ出産!


IMGP7779.jpg
病院着に着替え、いろいろと検査をします。
浴衣のような病院着を後前反対に着させられるので、背中お尻丸出しのびんぼっちゃまスタイルです(笑)


ちなみにこれ、なんだかわかりますか??
IMGP7782.jpg
点滴ではありません。浣腸です(笑)(事前にバースプランで提出)
いちじく浣腸のようなものを想像していた為あまりの量の多さにびびってしまい、急遽キャンセル(笑)


IMGP7786.jpg
検査を済ませた後はベッドでごろん。この頃はまだ余裕があります。


IMGP7787.jpg
主人も隣で一息(^^)


IMGP7789.jpg
だんだん強くなってくる陣痛をお風呂に入ったりバランスボールに乗ったりしてやり過ごします。
この頃はあまりの痛みに泣きまくり&叫びまくりです。
けれど頭の中では「お腹すいたな~」と考えていたので、まだ少し余裕があったのでしょうか(^_^;)

そんなこんなしている頃、ヤワラック先生の登場です。
私は痛みに苦しんでいたので目撃していないのですが、
主人曰く先生は全身真っ赤な出で立ちで現れたそうです。(赤シャツ??笑)
当初は自然分娩・水中出産を希望していた私ですが
あまりの痛さに「薬ー!!!早くー!!!注射ー!!!」と叫びまくり子宮口7~8㎝のところで無痛分娩に変更。
ヤワラック先生も「少し難産になるから無痛にしたほうが良い。」とのこと。

LDR室に移動し、まずは麻酔を打つ為の麻酔?を腰の周りに注射。
この頃には陣痛は1~2分おき。
暴れまくっていたので「ちょっと我慢して!!」と何回も言われました。
しかし、麻酔が効きはじめるとあら不思議!なーんにも痛くないんです。
さっきまで大暴れしていた自分がなんだか恥ずかしくなりました。

モニターで陣痛の様子をチェックして、まだしばらく産まれないとのことなので
少し仮眠。(この時ももちろん陣痛はきています。)
主人がコンビニで買ってきてくれた焼売なんかも食べました(^^)

それからしばらくして「そろそろ産まれますよ!」との事。
助産師さんや先生の「プッシュ!プッシュ!」と言う声に合わせていきみますが
麻酔が効いている為、どんな感じでいきめばいいのかいまいちわからず。
「こんな感じかな?」といきんでいたら、なにやら先生達が慌ただしく動き始めました。
どうやら赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていて心拍が下がってきているそうなのです。
それまでは痛みもないから呑気にしていた私達ですがさすがに心配になってきました。
結局、お腹をぐいぐい押され、吸引器具で引っ張り出され
ヤワラック先生の「おめでとー!!!」の声とともに無事に誕生!!!


IMGP7800.jpg
病院に着いてから6時間程で誕生。本当にお腹の中にいたんだ~!と思いました(^^)


IMGP7802.jpg
へその緒は主人がカット。
ちなみに出産中、主人は手術着などなにも着ず普段着で自由にうろうろ。
良くも悪くも日本の病院ではなかなかできなさそうです(笑)


IMGP7835.jpg
病院では始終みの虫スタイルです♪
くるまれているほうが赤ちゃんも安心するのだそう。

その後私はLDR室で2時間程休み、病室へ。
これから育児が始まるのになんだか一仕事終えたような気持ちでした。

これはあくまでも私の勝手な意見ですが、無痛分娩おすすめです!
子宮口がある程度開いてから麻酔を打つので陣痛はもちろん経験します。
誕生の瞬間をまじまじと冷静にむかえられるのは無痛ならではの良さだと思いました。
日本では途中で無痛分娩に切り替えるのは難しいとも聞きます。(深夜・休日などで麻酔医がいなかったり。。)
こちらの病院のほうが臨機応変に対応してくれるかな?と思いました。
タイで出産を考えられている方は是非自分が満足のいく出産方法を選択してくださいね(^^)

今回は長々と失礼しました。
次回は入院生活について綴りたいと思います~
それでわ~

バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その④紙オムツ・粉ミルクはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その⑤出産!!はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その④紙オムツ・粉ミルク

こんにちわ、嫁です

5ヶ月頃から始まった夜泣きがいまだ治まりません。。。
昼間はにこにこのにこですが、夜になると別人です(笑)
疲れたら甘い物でも食べて(きっとこうやって太っていくのでしょう)なんとかこの時期を乗り越えたいと思います。

さて、今回はタイの紙オムツ・粉ミルクをずらっと写真でご紹介です。
まずは紙オムツから~

王道マミーポコ。厚めです。サミティベート病院でもマミーポコが使用されていました。
IMGP0890.jpg
一番売れているのでは?

IMGP0887.jpg
IMGP0883.jpg
パンツタイプLサイズからは女の子用・男の子用もあり。

IMGP0886.jpg
マミーポコの廉価版?ハッピーパンツは極度に薄くて(しかもすごく紙っぽい)おしっこでもすぐ染み出してきます(>_<)脇もすごく破りづらいです。


地元民に人気?BabyLove。比較的安価なので我が家では家の中ではこれを使用。
IMGP0888.jpg
IMGP0900.jpg
IMGP0889.jpg
最近、夜用も発売されたよう。


MADE IN JAPAN、GOON。柔らか素材・幅も広めで使いやすいです。お出かけの際はこちらを使用。
IMGP0896.jpg


値段もお手頃、パンパース。けれどテープタイプのみ。パンツタイプもあるといいのになぁ。。。
IMGP0891.jpg


Drypers。テープタイプはテープ部分が取り外しづらく、パンツタイプは結構細身だと思います。
IMGP0892.jpg
IMGP0894.jpg


nepia。デリバリーも可。→http://www.nepia.co.th/order/
IMGP0920.jpg


他にもこんな種類があります。(使用したことはありません。)
HUGGIES
IMGP0898.jpg


Tino
IMGP0895.jpg


DAIJYOBU。なんなんでしょう?(笑)
IMGP0897.jpg


メリーズも売られていますが、700Bぐらいする為経済的ではないです(^_^;)
日本のように試供品がもらえたらいろいろ買わずにすみますよね~


続いて粉ミルク。
にこは完母ですので粉ミルクはよくわからないのですが。。。
タイの粉ミルクはタイ語表記のみです。せめて英語表記があれば。。。
売り場の人に確認しながら購入するのが良いと思います。
多くが新生児~一歳、六ヶ月~三歳とわかれています。
六ヶ月~三歳は日本でいうフォローアップミルクのような感じでしょうか??
ちらっと写真で紹介しますね♪


雪印ブランド。日本品質と書かれています。なんだか安心です。
IMGP0908.jpg


Hi-Q。一番人気があるような気がします。お出かけにも便利なスティックタイプもあります。
IMGP0911.jpg


Enfaシリーズ。
IMGP0912.jpg


Nestle。こちらもなんだか安心ですね。
IMGP0909.jpg


他にもこのような種類があります。
IMGP0910.jpg


紙オムツも粉ミルクも日本と比べると割高です。
お尻ふきも高めです。
ユニクロ、吉野家、IKEAなどどんどんタイに進出してきていますが
次は赤ちゃん本舗の進出を希望する嫁でした。


次回は出産当日のことなどを綴りたいと思います~
それでわ~


バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その④紙オムツ・粉ミルク





バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備

こんにちわ、嫁です

今回はバンコクでの出産準備についてお届けします。

妊娠中は「あれは手に入るかな?売ってるかな?」といろいろ不安もありましたが
大丈夫!なーんでも揃います。
ただ、日本製の粉ミルクと日本で使われているような布オムツ・カバーはありませんので
これは日本で入手したほうが良いと思います。
以下、私が準備したものです。ご参考までに~

☆日本で買ったもの

・ベビーカー 
 でこぼこ道なのでほとんど使用していません(笑)
 日本では必需品ですがバンコクで使用する頻度は少ないと思います。
 出産してから購入するかどうか決めたほうが良いかな?と思いました。
 日本製のベビーカーはこちらで買うと割高です。

・抱っこ紐
 ベビーカーがあり使えないので抱っこ紐は必需品です!
 私はエルゴを買いました。こちらで買うと高いので日本で買うことをお薦めします。

・肌着
 日本製は赤ちゃんの肌に触れないよう縫い目が表にでていますがタイ製はそうではありません。

・布オムツカバー  
 たまに売っているお店を見かけますが
 日本のように防水加工はされてませんので日本で入手することをお薦めします。 

・ガーゼ
 タイではあまりみかけません。

☆タイで買ったもの

・ベビーバス

・衛生用品(紙オムツ、爪切り、シャンプー等々)
 
・バウンサー
 あったら便利かな?ということで。

・肌着(ロンパース)
 前開きタイプのものはあまりみかけません。
 0~3M用もほとんど頭からかぶるタイプが多いです。

 IMGP0881.jpg
ロータスの子供服売り場。ディズニー系が多いです。

IMGP0903.jpg
女の子はピンク一色~

IMGP0904.jpg
男の子はこんな感じ。 


・敷布団
 ベビーベッドは買わず床の上に敷き布団を敷いて寝かせてました。
IMGP0882.jpg
やたらと赤ちゃん用の枕が売られているような気がします。

IMGP0902.jpg
こんなタイプのベビーベッド?ゆりかご?もあります。


・布オムツ
 主人がボーベー市場で安く入手してきてくれました。
IMGP0905.jpg
ビッグCやロータスにも売ってます。


タイの布オムツ。一緒に映っているのは我が家の一員ちーたんです♪
IMGP0925.jpg
正方形の大きな布です。柄が昔のキャラクターっぽくて個人的には好きです。
布オムツのたたみ方、洗濯方法などはこちらのかあさんさんのブログにお世話になりました♪
あかちゃんのいる暮らしhttp://m-select-shop.blogspot.com/


年に二回クイーンシリキットコンベンションセンターにて
THAILAND BABY&KIDS BESTBUY という子供用品なんでもありの催し物があります。
ここで全てそろえちゃうのもありですね(^^)
最大80%オフなんてお店もあって毎回すごい人です。
ちなみににこにこカタツムリ号も前回のBESTBUYで手に入れました♪
次回は2012年の1/26~1/29です。
THAILAND BABY&KIDS BESTBUY http://www.thailandbabybestbuy.com/
IMGP2873.jpg
IMGP2872.jpg


次回は紙オムツ・粉ミルクについてつらつら綴りたいと思います~
それでわ~

バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診

こんにちわ、嫁です

今回は定期検診についてお伝えしますね♪
ドクターによって異なることもあるかと思いますが。。。

妊娠35週頃までは4週間おき、それ以降は1週間おきの検診でした。
受付を済ませると毎回、尿検査、血圧・体重測定があります。
ヤワラック先生の場合は最初にまずお話、
その後、子宮底長・腹囲を測ってエコー検査といった流れでした。
良い感じで赤ちゃんが映っているとエコー写真もくれました。
ただ、エコーの機械が古いのか?妊娠後期になって推定体重を教えて下さいと言ったら
「この機械ではわかりまちぇん♪」と出産するまで何グラムあるのか知りませんでした(^_^;)
私も、まぁ産まれてきたらわかるか。という感じでしたので。。。
内診も毎回あるわけではなく、後期に一回程度だったような気がします。
あまり病院や診察に縛られることなく、自然な妊婦生活でした。

妊娠中期頃に専門のドクターが胎児がちゃんと成長しているか、異常がないか(臓器がきちんと形成されているか等)エコーで検査してくれます。
1時間程みっちり丁寧にみてくれます(^^)

snap_nikonikokawabe_2011116125612.jpg
ONNAと書かれています。


snap_nikonikokawabe_2011116125826.jpg
足の骨もしっかりできています。


snap_nikonikokawabe_2011116125958.jpg
4D(動画です^^ウネウネ動きます)でリアルな赤ちゃんの顔も見せてもらえますよ。

この日のエコー画像・動画はVCDに焼いてくれるので記念にも良いですね♪
この日の検診費は3900B程でした。

妊娠初期~後期にかけて血液検査等がありますがトータルで15000B程(ドクターFee等含む)でした。
毎回の定期検診の費用は大体1000B前後でした。

また、サミティベート病院では定期検診に通っている方対象で
マタニティビクス・ベビービクスを開催しています。(無料・要予約)
私が参加した頃に始まったばかりだったので5~6人の少人数で毎回予約もとれたのですが
今は参加希望者が多く予約をするのも難しいようです。
でも良い運動になるので予約がとれたら是非参加されたほうが良いかと思います。
インストラクターの先生も良い方でいろいろお話を聞けますよ(^^)

次回は出産準備についてつらつら綴りたいと思います~
それでわ~

バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!


バンコクでの妊娠・出産 その①病院選び

こんにちわ、嫁です

これからしばらくバンコク出産シリーズをお届けします。

妊娠発覚
まずはどこの病院に通うか考えなければならないですよね。
私はいくつか私立病院を周りましたが
初めての妊娠・出産、海外での出産ということもあり、
やはり無難に日本人が一番多く通うサミティベート病院に決めました。
病院の方も日本人慣れしているし出産後の対応や、いざというときにも安心だと思ったからです。
毎月第三金曜日には分娩室見学会(日本語)が開催されています。
担当者の方にいろいろと質問もできますので一度参加されたほうが良いかと思います。


IMGP0876.jpg
こんなパンフレットがもらえます。


IMGP7774.jpg
分娩室。LDRです。無痛分娩はこちらで。自然分娩ももちろん可。


IMGP7784.jpg
自然分娩はこちらのお部屋でも。ベッドがあったり天井から綱がぶら下がっていたり。。。水中出産も可。
写真のお風呂に入りながら痛みを逃すこともできます。無菌水です。
お湯をためるのに時間がかかるので使用する際は早めに言ってね。との事です。


出産費用
各病院が出産パッケージ価格をだしていますが
担当医により費用は上下すると思いますのでどこの病院を選択しても
費用面では同じような感じかな?と思いました。
やはり産む自分が安心して通える病院・先生を選ぶことが何より重要ですね。
ちなみに私が出産した際のパッケージ価格です。
おそらく現在も変動はないかと思いますがご参考までに(^^)

☆GOLDパッケージ
 自然分娩・水中出産 2泊(48時間)45000B
 無痛分娩(硬膜外麻酔)2泊(48時間)55000B
 帝王切開       3泊(72時間)65000B

☆PLATINUMパッケージ
 自然分娩・水中出産 3泊(72時間)55000B
 無痛分娩(硬膜外麻酔)3泊(72時間)68000B
 帝王切開       4泊(96時間)78000B



担当医選び
サミティベート病院で日本人に人気があるのはサンキアット先生だそうです。
私はなんとなく女の先生が良かったので
主人が日本人受付で聞いてきてくれたお薦めの先生、ヤワラック先生にしました。
ポップな感じの明るい先生(受付の方もそうおっしゃっていたそうです。)でしたよ。
私達二人の間では「ヤワラックちゃん」「ヤワラッチョ先生」と呼ばれていました(^^)
HPにドクターのプロフィールが載っていますので参考にするのもいいかもしれないですね♪
↓↓↓
http://www.samitivejhospitals.com/finddoctor/en


次回は定期健診のことなどをつらつら綴りたいと思います~
それでわ~


バンコクでの妊娠・出産 その①病院選びはこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その②定期検診はこちら!

バンコクでの妊娠・出産 その③出産準備はこちら!
にこにこプロフィール

にこにこ河邊

ブログ管理人:にこにこ河邊
バンコクの不動産屋さん『にこにこ河邊』代表取締役社長 河邊朗太のブログです。バンコクの生活で日々感じたことなどをお伝えしてまいります♪

にこにこ最新記事
にこにこカテゴリ
にこにこ便利リンク










にこにこ最新コメント
にこにこ月別アーカイブ
にこにこ最新トラックバック
にこにこカウンター
にこにこ検索フォーム
にこにこブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にこにこQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。